2008年08月30日

◆今週のサプライズ、米GDP改定値

今週の指標で驚かされたのがアメリカ(4-6月)GDPの改定値でした。

米第2四半期GDP(改訂値)は3.3%と、速報値の1.9%から
大きく上方修正。

輸出の伸びが寄与していると報じられています。

その他、構成項目は軒並み上方修正されているが、住宅投資は-15.7と
前回(-15.6)から僅かながら下方修正されている。

新規失業保険申請件数は42.5万件となり、一般に雇用の
創出・減少の分岐点
とされる40万台を超えたのはこれで6週間連続との事。


このGDP改定値で輸出が寄与しているという部分に注目してます。

現状、ユーロ圏の下落や原油下落により米ドルが上昇していますが、
米ドルが上昇してくると好調なアメリカ内での輸出の腰を折り
かねないと思うのですがどうでしょうか・・・?




応援クリック頂けると嬉しいです\(^o^)/
◆にほんブログ村 為替ブログ◆
◆FXランキング◆
◆為替 Ranking◆

最新★株・為替・投資の本
posted by ヨーゼフ(Joseph) at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・為替 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



  
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。